コンサルタント紹介 Nabe

Nabe

担当コーディネーター
好きな車種VOLVO V70(初代)

求職者様へメッセージ

今、転職を考えているということは、今の職場に不満や気になっていることがあるということだと思います。
私自身、転職を経験しており、そしてエージェントとして言えることは、「1歩踏み出すことで人生が大きく変わる場合もあれば、動かない方がいい場合もある」ということです。
だからこそ、私たちをセカンドオピニオンと考えて、上手く使っていただければと思います。
キャリアアドバイザーとして、長い目でアドバイスをさせていただきますので、どんなことでも気兼ねなくお話しください。
今後の人生についてお話ししましょう。
その中で、貴方様にとって1番良い選択肢が見つかりますように。

 

仕事で心がけている3つのポイント

1.正しい情報を伝えること

情報を盛らずに、正しく伝えるように心がけています。
正直なところ、企業様の良い部分だけをお伝えして転職先をご紹介することも出来ます。
でもやっぱり人生に関わることだから、お伝えする情報は正しくあるべきですよね。
当たり前のようで、実は最も大切なことの1つだと思って、常に意識しています。
 

2.自分では見つけられない新たな選択肢の提案

せっかくエージェントにご相談いただくわけですから、志望している企業だけでなく、思いもよらなかった仕事との出会いも提供したいと思っています。
知らなかった面白い仕事や、気づけなかった適所などをご提案できるように、潜在的なニーズを導き出せるように意識をしています。
 

3.忌憚なくお話しすること

仮に転職先が決まっても、入社後に何かしらのギャップを感じてしまうようでは、求職者様の為にはならないと思うんです。
結局、大切なことは長く勤めていただくことだと思うので、もし求職者様が企業様に対して何か思い違いをしているようであれば、そこは忌憚なく事実をお伝えするようにしています。
特に自分で探して見つけた求人票は、実際よりもよく見えたりすることが多いんですよね。
1つのいい情報を基に求人票を見ると、「これは良いものだ」という確証バイアスがかかってしまうんです。
その結果、全てが良く変換されて見えてしまって、悪い情報に目が行きにくくなるんですよ。
これは実際によく聞く話で、そのバイアスが入社後のギャップに繋がるのではないかと思います。
だからこそ、あえて忌憚なくお話しすることが我々の義務だと思っています。
 

コンサルタント一覧

担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
Yu
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
Aki
担当
コーディネーター
Lth
担当
コーディネーター
Koh
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
Emi
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
担当
コーディネーター
Ryo
担当
コーディネーター
Shu
担当
コーディネーター
Kyo
担当
コーディネーター
担当
コールオペレーター
Yui
担当
ライター
担当
コールオペレーター
担当
コールオペレーター
Rei
担当
コールオペレーター
担当
コーディネーター
担当
コンサルタント