【自動車整備士×転職】サービスフロントと 整備士求人情報サイト「カーワークアシスト」整備士・メカニック・フロント・就職・転職支援サービス

【自動車整備士×転職】サービスフロントとサービススタッフって何が違う?

【自動車整備士×転職】サービスフロントとサービススタッフって何が違う?

目次

1.自動車整備士の転職―サービスフロントとは

2.自動車整備士の転職―サービススタッフとは

3.自動車整備士の転職―まとめ

 

1.自動車整備士の転職―サービスフロントとは

サービスフロントとは、簡単に言ってしまうと、お店に来たお客様の対応など接客対応を行う職業のことです。

ただ、接客とひと口に言っても受付とは違い、整備内容や修理内容の案内、時として故障個所の診断や見積もりを行う場合もあります。つまり、接客スキル以上に整備スキルや深い知識が求められる職業なのです。

 

また、お店にくるお客様の全員が整備や修理目的ではありません。車の購入に来たお客様には目的に合わせて、営業担当者へつなぐ必要があります。お客様のニーズに合わせた適切な接客対応はもちろん、現場スケジュールの把握や社内各担当との円滑なコミュニケーションをつないでおくことが、この仕事の秘訣とも言えます。

 

基本的にサービスフロントという職業は、長年整備士として勤めた方がキャリアアップする、花形的なポジションです。

 

ほとんどの国産ディーラーでは、整備士として現場で経験を積んだ知識と経験のある方をフロントへ昇格させます。業務内容に専門的な整備の説明等があるため、企業としてもしっかり経験を積んだ、ベテランスタッフであれば安心してサービスフロントを任せられると考えているのだと思います。

ですので、国産ディーラーでは、サービスフロント職で採用している企業はほとんどありません。仮に募集があったとしても、入社後すぐにサービスフロントのポジションにつくのではなく、研修期間として現場での整備業務からスタートする場合もあるようです。

 

輸入車ディーラーでもまだまだ整備士からのサービスフロントへのキャリアアップが主流です。しかし、いくつかの企業では、サービスフロントの募集をかけており、接客や営業経験がある方については未経験者でも採用するケースがあります。

特に最近では、女性スタッフの方が細やかな気遣い等ができ、お客様受けがいいと、未経験の方でも受付業務を経験させてからサービスフロントへ昇格させている企業もあります。また、会社ブランドの顔になるため、男性のサービスフロントは30~40代といったミドル層をコアターゲットに募集しているところが多い印象です。

 

業務においては、自動車整備士の時よりも残業時間が増えるケースが多いようです。理由として、整備業務・対応が終わった後にサービスフロントが対応をすることが主なので、現場の進捗状況次第では大幅に就業時間がずれ込む場合も少なくありません。

 

しかし、年収は平均して、350~400万と自動車整備士の平均年収より少しだけ高い数字となっています。全体的に整備士からキャリアアップしているという実情と、年齢層が30代~40代のミドル層となっていること、上述した残業時間などが関係して、年収アップに繋がっているのでしょう。

 

2.自動車整備士の転職―サービススタッフとは

サービススタッフとは、主にホンダ系ディーラーや量販店で使用される「整備士」に対する呼称です。

ただし、整備をメインに行う整備士とは異なり、整備業務を行いながらも接客対応や時には販売対応まで幅広く対応していくポジションになります。

 

その業務の中では、実際に自分が整備を行った車の整備内容をお客様に自分で伝えることがあります。自分で行った整備だから伝えるくらい簡単と思われるかもしれません。しかし、お客様の大半は自動車のスペシャリストではなく簡単な用語も知らない初心者ばかりです。そんな方々には、整備士同士で使っている専門用語など伝わりません、いかにわかりやすくかみ砕いて話せるか、柔軟な対応力が試される職業なのです。

 

サービススタッフという名称は、上述した通り、国産ディーラー(主にホンダディーラー)で使用されるため、輸入車ディーラーではあまりこういったポジションの募集はありません。立ち位置としても、キャリアアップで就くポジションではなく、接客も行う自動車整備士というポジションになりますので、入社時からサービススタッフとして就業する募集がほとんどとなります。採用基準としては、お客様との顔を合わせた対応が必須になってくるため、職人気質な整備士は敬遠される傾向にあります。

 

サービススタッフは、整備から接客まで一貫して対応するため、お客様との深い交流が行えます。また、見積、部品だし、説明、作業、会計など様々な業務を一人で行う必要があるため、幅広い知識やスキルが身につくと言えるでしょう。

そのため、接客のほうが自分に合っていると感じた際や、体力的に整備業務や力仕事がきつくなってきたなと感じた際は営業職や別職種などへのキャリアチェンジや転職がギャップなく行えます。

 

年収に関しては、ホンダディーラー内でも地域によって変動はありますが、カーワークアシストに掲載されているホンダのサービススタッフ(自動車整備士)の求人では平均年収はだいたい370万程度となっています。サービスフロントというポジションが存在しないため年齢層が幅広いことと、接客業務に対し、職務手当が支給される企業もあることが、平均よりも年収を引き上げている理由だと推測されます。

 

3.自動車整備士の転職―まとめ

 

さて、サービスフロントとサービススタッフの違いについてお伝えしてきました。

カーワークアシストでは、サービスフロントやサービススタッフの求人も多数ご用意しています。その中でも、選りすぐりのHOTな求人を何点かご紹介致します。

 

【サービスフロントのHOTな求人】

 

株式会社日産サティオ群馬

 

株式会社光岡自動車

 

株式会社バルコムモータース

 

【サービススタッフのHOTな求人】

 

埼玉スバル自動車株式会社

 

株式会社ホンダカーズ久喜

 

株式会社クリスタル

自動車整備士の転職―カーワクでより良い転職を!

 

自動車整備士の転職・求人情報をお探しなら、完全無料で使える、自動車業界特化型のNo1求人サイト「カーワク」がおすすめです!掲載求人案件数は約8,000件!日本全国の求人を網羅!当社独自のネットワークで全国2万7,000店舗と直接取引をしているから、ここにしかない独自求人もご用意しています!希望者には、プロのエージェントのサポートサービスも!収入も、条件も、絶対に妥協したくない貴方の、希望の求人が必ず見つかる。

 

理想の転職を「カーワク」で叶えよう!